大学生のひとりごと

大学三年生!ニッポン手仕事図鑑でお世話になってます!ふたりごと文庫編集長🖋毎日奮闘中😁

私が授業を集中して聞けるようになった3つのこと。

 

 

三年後期が始まり1週間。

だんだんと身体も学校のペースに
慣れてきました!

 

今期の授業、
全部楽しいです。笑

今まで以上にワクワクするんです。

 

 


自分で言うのもアレですが、
すごく意欲的な大学生をやっています(笑)

 

 

 

 

 

元々そんな意欲的な大学生だったか
と言われると全然そうではなくて。

 


サボったりは
ほっとんどしませんでしたが、

先生の話は頭に入らず、
友達と喋ったりもしていました。

 

 

 


授業を集中して聞けるあの人たちとは、
元々の頭が違うんだって思ってました。

 

 

 


そんな私がなぜ変われたか。

 

低学歴の私なんかが偉そうですが、
授業に身が入らない・やる気が出ない
大学生に聞いてほしい!

 

 


私が授業を集中して聞けるようになった

3つのこと。

 

 

 

 


1.とりあえず前5列目までに座る

 

 

 

一年生の頃は、ゼミの子たちと一緒に
いかに後ろに座るかが勝負でした(笑)

 

だいたい誰かが人数分取っておいてくれるんですけどね。

 

 

 

 

それはそれですごく楽しかったけど、

 

後ろの席って
シンプルに先生の声が聞こえない!

 

あと、先生と目が合わないんですよね。

 

 

 

 

 


目が合う合わないって本当大事だと思っていて、

 

後ろの方だと
頑張って聞いていても気付かれない
→やる気と集中力が無くなる→寝るor喋る

 

私はこんな感じでした。

 

 

 

騙されたと思って、
前5列目までに座ってみてください!

 

 

 


2.とにかくメモを取る

 

 

f:id:yuuki-peachtea-0421:20171003222134j:image

 

 


板書されたものやスライドに書いてあることはもちろん、
先生が話していること、
その時自分が疑問に思ったこと、感じたことなど

 

なんでもメモをとっています。

 

 

 

ポイントは1つだけ。

試験に出る・出ないは関係ない!!(笑)

 

 

 

大学生になってもまだ
試験のための勉強をしていた
高校時代の癖が抜けていない人が多いんです。

 

 

 

あと、写真やパソコンでメモを取る人も
たくさんいます。

 

パソコンはまだしも、
写真だとカメラロールに残っても
頭には残らないと思います(笑)

 

 


手を動かすことが集中力アップにつながったり?します。

 

 

 

 


3.学外で実践的な学びを得る

 

 

 

要するに、授業内容に
学外でのそれを当てはめて考えてみるということ。

 

これは最強です。

 


いくら授業で理論を聞いても、
理解したようで理解できてないことが多いんじゃないかと思います。

 

 


実社会の細かな状況や事情、要領などを知らないのですから
どうしても、表面的な理解しかできず…

 

授業に身が入らない!なんてことに。

 

 

 

 

私は長期インターン生として、
ふたりごと文庫の編集長を務めています。

 

 


ふたりごと文庫の運営に関して、経営学マーケティングの観点から
考えられることが山ほどあります。

 


なにも長期インターンに限らず、
アルバイト先などでも十分にいいんです!

 

 


ノートを取りながら(インプット)
また別のふたりごと文庫用に使っているノートに、
思いついたことなどをメモしています。

 

そして使えそうなものは、どんどん
実践していく(アウトプット)。

 

 

 

すぐにこのアウトプットをすることで、
より深く学ぶことができる。

 

何より、授業中のワクワクが何倍にもなります笑

 

 

 

 

実際に使えなければ、理解したとは言えません!

(私が使いこなせているかと言われると、まだまだですが)

 

 

 

もちろん、
現実には理論が当てはまらなかったり、
難しい問題が出てきます。


そんな発見もまた、面白いんです。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーー

この3つが当たり前になったらもう、
授業への集中力がグンと上がります。

 


以上!

 

誰のタメになるかわかりませんが、

私流 授業の受け方でした(笑)