大学生のひとりごと

大学三年生!ニッポン手仕事図鑑でお世話になってます!ふたりごと文庫編集長🖋毎日奮闘中😁

就活に向けてやっておくべき簡単なこと

今日は、

大学1、2年生が就活に向けてできる

ちょっとしたことを紹介します(^^)



よく今から知ってる会社の数を増やしておくと

就職活動で差がつくと言われます。


でも、

こんなことがやりたい!興味がある!と頭の中ではなんとなく思い描けていても
そんな会社、仕事って検索しても出てこないことが多いです。


私は地域活性化に関わる仕事がしたくて
「地方創生 仕事」「地域活性化 会社」「地域創生 企業」などと検索していました。

でも、
コレだ!というものは出てこない...
違う検索ワードも思いつかない...



マイナビリクナビなどに求人情報が掲載されている会社はごく一部。
日本にはまだまだたくさんの会社があります。



まさにそんな悩みを抱いている時、ある会社の社長さんに薦められたのがフェイスブックでした。

 

 

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170507000836p:image

 


【私流フェイスブック活用のステップ】

 

①検索
まずは検索欄で興味があるワードを検索します。
もうこの時点で、普通に検索をかけるよりも素敵な検索結果が現れました!(笑)



②いいねとフォロー
少しでも興味があると思ったら
ページに「いいね」またはフォローをします。


〜初心者の方のために〜
フェイスブックには、個人ページとフェイスブックページがあります!
個人ページに「友達申請」をする場合はフォロー、フェイスブックページの場合は「いいね」です。

 

検索結果には、そのワードを含んだ投稿も出てきます。このワードを投稿している人は、その道の「すごい人」だったりするので要チェックです。



③頻繁にチェック

フォローしている人のアクション
タイムラインには、
フォローしている人が「いいね!」やコメントなどをした投稿も出てきます。

投稿の上に『〇〇さんが「いいね!」しました』と表示されます。



その道の「すごい人」かもしれない人をフォローしたほうがいい理由は、そこにあります。
すごい人の人脈がわかり、なんとなく構造が見えてきたりするからです。

 

例えば、フォローしている「すごい人」たち
(地域おこし協力隊の人、ある雑誌のプロデューサー、ある大手企業に勤める人)の3人がいいねしている記事に目をつけて
さらに調べてみる...なんてこともできます。

 

 

おすすめのページ

また、たまに出てくる

「おすすめのページ」などという広告も
私の場合、地域活性化系の面白そうなページに巡り会えたりします。



イベント

フェイスブックでは、イベントの宣伝・閲覧をする機能があります。

ネットの検索ではなかなかたどり着かないような、セミナーの情報をゲットできたりします!




こうしてドンドン広げていって、
フェイスブックは自分のための情報の宝庫になるんです!

 



 最後に、

大学生へのおすすめフェイスブックページ

をいくつか紹介します。

 

•日経カレッジカフェ

https://www.facebook.com/CollegeCafebyNIKKEI/

大学生が読むべきコラムが載っています!

 

東洋経済オンライン

https://www.facebook.com/ToyokeizaiOnline/

東洋経済の記事がピックアップされています。


co-media 学生の視野を広げるメディア

https://www.facebook.com/comender/

タイトルのまま!視野が広がるコラムが載っています。




就職活動の準備なんて、考えただけで憂鬱だけど

これなら簡単で、少しずつやっておけそうじゃないですか?


大学生は今すぐフェイスブックを始めるべきです!