大学生のひとりごと

大学三年生!ニッポン手仕事図鑑でお世話になってます!ふたりごと文庫編集長🖋毎日奮闘中😁

海のある生活。


前記事でもあった通り、
私は埼玉生まれ埼玉育ち
生粋の埼玉女です!(笑)

 

ださいたま とか散々いじられてますが
埼玉大好きですよ!

 

 

でも1つナイものが。
そうです、「」です。

だから海を見ると本当〜にテンションが上がりますね。

 

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170509212819j:image

 

泊まったホテルがオーシャンビューでした!!

 


最近、海のある暮らしをしてきた千葉県民と
文化の違いを感じる機会がよくあります(笑)

 


千葉県民が全員がそんなわけないとは思いますが
小さい頃から素潜り釣りで魚を獲ってきて、
それを調理して食べるのが当たり前だったとか。
自宅の夕飯で新鮮な魚が出てくるとか。

 

日常に海があるって、そういうことか!!
海なし県民の私にとったら異文化すぎます∑(゚Д゚)

 


岩場の多い海岸のことを「磯」って呼ぶことすら最近知った私。


海なんて年に一度行くくらいなので、潮の満ち引きなどの知識もまるでありません!

埼玉のスーパーじゃ売ってないような魚の種類も、美味しい食べ方も知りません(°_°)

 

 

海の近くにある、民家で営むローカルなご飯屋さんに行くと
美味しすぎる海鮮が食べれます。

 

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170509213036j:image

ネギトロ丼1000円

 

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170509213055j:image

お刺身定食1300円

 

 なんでもない、町のご飯屋さんです。

こんなの観光地や都内で食べようとしたらいくらだろう。

 

 

私の日常は、都内で少しランチをしようと思うと余裕で千円超えです。

 

 

日常に海があるって素敵すぎる。

埼玉県と千葉県がよく比較されますが...
「海持ち」は強い(笑)

南房総の絶景ドライブ

皆様ゴールデンウィークをどう過ごしましたか??
私は、一泊2日で千葉の南房総をドライブしてきました!

 

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170509104550j:image

 

都心から2時間くらいのところでも、もう十分に違う世界が広がっています。

大人になって、田んぼの景色に感動するようになりました(笑)

 

 

私は埼玉生まれ埼玉育ちですが、
私の住むところには田んぼが一切ありません。
よくわからないけど土地的な問題ですかね?

 

旅行などで目にすることはあったけど、
この歳になって景色をじっくり感じるようになりました。

 

 

夏の終わりくらいに千葉を訪ねた時、一面に広がる稲穂の金色に感動したんです!こんなに綺麗なものなのかと。

 

この時期の田んぼもまた素晴らしかったです(^^)
水に反射して、なんでもない道中の景色が本当に美しい。感動です。

 

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170509104436j:image


地元の人には当たり前すぎて、
こんなに感動していると笑われましたが(笑)


地域活性化において、
内から見た地域の魅力
外から見た地域の魅力
この2つの視点が合わさるとより良いものになると改めて感じました!

 f:id:yuuki-peachtea-0421:20170509104526j:image

就活に向けてやっておくべき簡単なこと

今日は、

大学1、2年生が就活に向けてできる

ちょっとしたことを紹介します(^^)



よく今から知ってる会社の数を増やしておくと

就職活動で差がつくと言われます。


でも、

こんなことがやりたい!興味がある!と頭の中ではなんとなく思い描けていても
そんな会社、仕事って検索しても出てこないことが多いです。


私は地域活性化に関わる仕事がしたくて
「地方創生 仕事」「地域活性化 会社」「地域創生 企業」などと検索していました。

でも、
コレだ!というものは出てこない...
違う検索ワードも思いつかない...



マイナビリクナビなどに求人情報が掲載されている会社はごく一部。
日本にはまだまだたくさんの会社があります。



まさにそんな悩みを抱いている時、ある会社の社長さんに薦められたのがフェイスブックでした。

 

 

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170507000836p:image

 


【私流フェイスブック活用のステップ】

 

①検索
まずは検索欄で興味があるワードを検索します。
もうこの時点で、普通に検索をかけるよりも素敵な検索結果が現れました!(笑)



②いいねとフォロー
少しでも興味があると思ったら
ページに「いいね」またはフォローをします。


〜初心者の方のために〜
フェイスブックには、個人ページとフェイスブックページがあります!
個人ページに「友達申請」をする場合はフォロー、フェイスブックページの場合は「いいね」です。

 

検索結果には、そのワードを含んだ投稿も出てきます。このワードを投稿している人は、その道の「すごい人」だったりするので要チェックです。



③頻繁にチェック

フォローしている人のアクション
タイムラインには、
フォローしている人が「いいね!」やコメントなどをした投稿も出てきます。

投稿の上に『〇〇さんが「いいね!」しました』と表示されます。



その道の「すごい人」かもしれない人をフォローしたほうがいい理由は、そこにあります。
すごい人の人脈がわかり、なんとなく構造が見えてきたりするからです。

 

例えば、フォローしている「すごい人」たち
(地域おこし協力隊の人、ある雑誌のプロデューサー、ある大手企業に勤める人)の3人がいいねしている記事に目をつけて
さらに調べてみる...なんてこともできます。

 

 

おすすめのページ

また、たまに出てくる

「おすすめのページ」などという広告も
私の場合、地域活性化系の面白そうなページに巡り会えたりします。



イベント

フェイスブックでは、イベントの宣伝・閲覧をする機能があります。

ネットの検索ではなかなかたどり着かないような、セミナーの情報をゲットできたりします!




こうしてドンドン広げていって、
フェイスブックは自分のための情報の宝庫になるんです!

 



 最後に、

大学生へのおすすめフェイスブックページ

をいくつか紹介します。

 

•日経カレッジカフェ

https://www.facebook.com/CollegeCafebyNIKKEI/

大学生が読むべきコラムが載っています!

 

東洋経済オンライン

https://www.facebook.com/ToyokeizaiOnline/

東洋経済の記事がピックアップされています。


co-media 学生の視野を広げるメディア

https://www.facebook.com/comender/

タイトルのまま!視野が広がるコラムが載っています。




就職活動の準備なんて、考えただけで憂鬱だけど

これなら簡単で、少しずつやっておけそうじゃないですか?


大学生は今すぐフェイスブックを始めるべきです!


 

地域に愛されること


うちの大学が運営を行なう、
自由が丘スイーツフェスタへ行ってきました!! 

 

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170505155413j:image

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170505155543j:image


大学が密接に関わっていると感じるこのお祭り。

授業やサークル、ゼミが色んな取り組みをし、ブースを儲けています。

 

三年生ということで、中心になって頑張るたくさんの友達を見てきました。
本格的にイベントの運営に関わり、全力を注ぐ姿は本当に尊敬します。

 


例えば、2ゼミが取り組むプロジェクトの一環である石垣島ストリート「お〜りと〜り」

 

なんで石垣島かというと、
自由が丘×産業能率大学×石垣島×ユーグレナ
で協定を結んでいるからです。
これに関連したコラボ授業も多数あり、私も受講中です!

 f:id:yuuki-peachtea-0421:20170505155455j:image

 


他にも子供が思いっきり遊べるブースやワークショップ、
特設ステージやお花の販売などなどなど
たくさん楽しませてもらいました(^^)

 

その地域の人に愛されるって、学校でも会社でも大切なことだと感じます。
地域にとっての「誇り」になれると理想ですよね。

 

逆を言うと、地域の人に愛されない学校や会社の未来はないと思います。

 

 

地域の人 というのは、自治体関係者や職員さんのことだけではなく
一般住民も含むすべての人です。

この両者で意識の差が生まれやすいこともまた問題です。
認知されてすらないこともありえます。


こういった地域のお祭りを運営することで、
来場した地域の人とも関わることができ
認知をしてもらえます。
さらに楽しんでもらえたら、愛されるきっかけになるかもしれません!

 

とてもいい取り組みだなあと思うと同時に、
みんなが頑張ってる姿に刺激を受けました(^◇^)

 

大学生が実際に使っているフリー素材まとめ

 

私の学校は、グループワークをして発表をする機会が本当に多いです。

その発表資料を、大体パワーポイントを使って作ります。
今回は実際に使っているフリー素材のサイトをまとめておこうと思います。


条件としては、
種類豊富
目的の素材が探しやすい
操作がシンプル
ということですかね。

参考にしてください(^^)

 

1.ガーリードロップ(http://girlydrop.com
◎可愛い◎写真◎オシャレ

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170503154231j:image

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170503154239j:image


とにかく可愛い。女子のための素材です!
文字入りの画像もあり使い勝手抜群。
表紙にどーんと使ってしまうことも多いです!

 


2.IM FREE(http://imcreator.com/free
◎カッコいい◎オシャレ◎海外◎写真

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170503154329j:image

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170503154331j:image

 

かっこよくしたかったら外国人です!(笑)
海外のサイトって読めなくて使いづらいことがあるけど、
ここはわかりやすいですよ!

 


3.いらすとや(http://www.irasutoya.com/?m=1
◎可愛い◎イラスト

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170503154430p:image

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170503154449p:image

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170503154451p:image

 

この人のイラストよく見ますね!
私がよく使うのは吹き出しです!白黒バージョンもありますよ。

 


4.ICOON MONO(http://icooon-mono.com
◎アイコン◎モノクロ

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170503154456p:image

f:id:yuuki-peachtea-0421:20170503154459p:image


このブログのアイコンにも使っています!
箇条書きをする時のワンポイントにしたり、
ちょこっと書き加えたいときのワンポイントにしています。
白黒グレーの三色が選べますよ!

 

 

 

私は大体この4サイトを使い分けています。
2年ちょっと模索した結果です(笑)
フリー素材さんいつもお世話になってます( ̄^ ̄)ゞ

生徒が聞かない講義


学生たちがザワついてしまったり、寝ていたりする講義は

大抵、先生が学生たちの目を見ずに話していることが多いなと感じます。



今日は連休の合間ですが学校がありました!


私語をしたり、寝ていたり、堂々と携帯をいじったり、動画を見たり

こんなの恥ずかしい話ですが、久々にヒドイ状態を目の当たりにしました。


気にせずそのまま講義を受けていたのですが、

講義中ずっと斜め上を見て話し続ける先生に違和感を覚えました。



一向に目が合わないからです。


斜め上を見続ける先生と、下を向く生徒たちの光景が

心が全く通っていないのを物語っているようでした。



一生懸命講義を聞いている身からすると、

気付かれていないようで寂しいです(笑)



みんなが自然と聞き入る講義は

(やはり先生の話が上手く面白いというのもありますが)

何より、ちゃんと目を見て語りかけてくれます。


心が通っていない、一方通行の講義は通信講座で十分では無いでしょうか。

はたまたAIでいいのではないでしょうか。




視線って見えないけど、何か感じるものがありますよね。


プレゼンの授業で、アイコンタクトの重要性について学んだけれど

改めてその重要性に気づかされました。



カメラブーム


土日祝日は原宿のハンバーガー屋さんで働いています(^^) 

 ゴールデンウィークが始まり、 これから忙しさのピークがくると思うと怖くて仕方ないです(笑)


原宿っていろんな人が来るんです! 
今日もいろ〜んな人が来た中で 少し気になったことがありました。

 私と同い年くらいの女の子3人組が
それぞれ一眼レフカメラを首から下げて来店しました。

 いわゆるカメラ女子です! 
私もミラーレスカメラ欲しいなあ(^○^)

 みんなハンバーガーを頼み、 私が席まで持って行きました。 

...10分経っても、20分経っても
ハンバーガーに向かってカメラを構え、
 全然食べようとしてくれません(笑)


結局、ハンバーガーは完食せず冷め切ったポテトはほとんど残して帰って行きました(°_°)
 決してうちのハンバーガーが不味いわけじゃないですよ! 


ハンバーガーを食べに来るというよりは、 ハンバーガーをインスタに載せに来てるみたいな人は多いです(笑)


料理を写真撮る人がよく叩かれているけど、 私は別にいいじゃんと思ってます(笑)
 私も撮るし!

 でも、ここまで「写真を撮りに来てます」の人は初めてでびっくりしました。 


カメラブーム、SNSブームで写真を撮る機会が多くなりました。

いい写真を撮りたいから、
カメラを持って地域の魅力を発見しに行ってくれたら嬉しいし

さらに発信してくれたら、たくさんの人が知ることになりますよね!


でも、本質を忘れないようにしないとなあと思いました。

旅行先で素敵なものに出会っても、ほとんどファインダー越しでしか見てなかったり
花火大会でずっと動画を撮っていたり
ディズニーでフォトジェニックに写ることを試行錯誤してばかりだったり

あくまでも 目で、耳で、肌で... 全身で楽しむことが大前提なんじゃないかなあと思います(°_°)


さあゴールデンウィーク頑張ります(笑)